京都市北区 整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科 | 原整形外科医院

健康寿命をのばそう

ホーム > 健康寿命をのばそう

ロコモティブシンドローム(ロコモ)とは

ロコモを予防して、健康寿命をのばそう!

骨、関節、筋肉、靱帯、神経などの体の運動にかかわる器官 (運動器)の働きが衰えると、くらしの中の自立度が低下し、 介護が必要になったり、寝たきりになる可能性が高くなります。

運動器の障害のために、要介護になったり、要介護になる 危険の高い状態がロコモティブシンドロームです。

ロコモチェック!

  • 片足立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたり滑ったりする
  • 階段を上るのに手すりが必要
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 15分くらい続けて歩けない
  • 2kg程度の買い物(1ℓの牛乳パック
    2個程度)をして帰るのが困難である
  • 家のやや重い仕事(掃除機の使用、
    布団の 上げ下ろしなど)が困難である
  •  

バランス感覚を養い筋肉や骨を強くする運動例

運動をしては いけない人 強い痛みのある人 極端に転びやすい人
ダイナミックフラミンゴ療法  ・転倒の危険がある人は、机や椅子の背を支えにする。上げた足側の手で支える  ・背筋を伸ばし、骨盤を前に出すようにする  床につかない程度に上げる  ・床につかない程度に上げる  片方の足を上げ、 左右各1分間ずつ×1日3回
立ち座り運動  ・立つのがつらい人は、 机を前に置いて手で 支えながら立つ  ・座った姿勢から 両足でゆっくり立ち上がる  1セット5〜6回×1日3回

※運動は、医師に相談して自分に合った運動を行いましょう。また、他人と競うことは厳禁です。

社団法人日本整形外科学会